• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 高級感があるAlダイカスト、スマホ筐体で採用が始まった

日経エレクトロニクス 2016年1月号

Hot News

高級感があるAlダイカスト、スマホ筐体で採用が始まった

横浜の金属加工品メーカー「オータックス」が開発

  • 根津 禎
  • 2015/12/04 07:30
  • 1/2ページ

出典:日経エレクトロニクス、2016年1月号、p.21(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

図1 Alダイカストを用いたHANMAN社のスマートフォン筐体(その1)
図1 Alダイカストを用いたHANMAN社のスマートフォン筐体(その1)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 Alダイカストを用いたHANMAN社のスマートフォン筐体(その2)
図2 Alダイカストを用いたHANMAN社のスマートフォン筐体(その2)
[画像のクリックで拡大表示]

 安価なアルミ(Al)ダイカストではきれいに酸化皮膜(アルマイト)処理できない。そんな“常識”を覆すAlダイカストを、スイッチ部品や金属加工品などを手掛けるオータックス(本社:神奈川県横浜市)が開発した。このAlダイカストを利用すれば、ローエンドのスマートフォンでも高級感がある外装を実現できる。

 既に、ヘッドホンの部品やスマートフォンの筐体で採用されている(図1~3)。2016年にはさらに採用が広がる予定。スマートフォンやオーディオ機器、テレビ、デジタルカメラなどのデジタル家電の他、冷蔵庫などの白物家電、車載機器を手掛けるメーカーが強い関心を寄せている。例えば、中国の大手メーカーがスマートフォンの筐体やテレビの支持台への採用に前向きだという(図4)。

図3 Alダイカストを用いたデンマークBang & Olufsen(B&O)社のヘッドホンの部品
図3 Alダイカストを用いたデンマークBang & Olufsen(B&O)社のヘッドホンの部品
[画像のクリックで拡大表示]
図4 Alダイカストを用いた、あるメーカーのスマートフォン筐体
図4 Alダイカストを用いた、あるメーカーのスマートフォン筐体
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
この記事のタイトルを掲載当初の「ダイカストでもきれいなアルマイト、スマホやオーディオ機器で採用」から「高級感があるAlダイカスト、スマホ筐体で採用が始まった」へ変更しました。現在は変更後のタイトルになっています。
デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ