日経エレクトロニクス 2016年1月号

Hot News

人工衛星や超長距離に最適、TCP互換の通信プロトコル

NICT、ソケット置き換えで既存アプリの通信を高速化

  • 中島 募
  • 2015/12/03 11:16

出典:日経エレクトロニクス、2016年1月号、pp.22-23(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

情報通信研究機構(NICT)はパケットロスや遅延が起きてもスループットが低下しにくい高速通信向けの通信プロトコル「HpFP」を開発した。アプリケーションソフトウエア側からはTCPとして利用できる。システム上はTCPの通信ソケットライブラリーをHpFPライブラリーに置き換えるだけでHpFP対応にできる注1)。通信の高速化技術を手掛けるクレアリンクテクノロジーと共同で開発した。