• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > デンソーがクルマ版「Plug and Play」、機器に応じてアプリを追加

日経エレクトロニクス 2016年1月号

Hot News

デンソーがクルマ版「Plug and Play」、機器に応じてアプリを追加

「5th Annual IEEE-SA Ethernet&IP@Automotive Technology Day」から

  • 根津 禎
  • 2015/11/16 05:00
  • 1/3ページ

出典:、2016年1月号、pp.16-17(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 クルマにアプリケーションソフトウエア(アプリ)をダウンロードして、スマートフォンのように機能を拡充していく。そんな車両情報基盤システムを、デンソーが開発中だ。車載Ethernet関連の国際会議「5th Annual IEEE-SA Ethernet&IP@Automotive Technology Day」(2015年10月27~28日、パシフィコ横浜開催)で出展した。車載ネットワークに接続してある、あるいは新たに追加した機器を活用するアプリをサーバーからダウンロードして実行できる。いわばクルマ版、「Plug and Play」だ。この仕組みにより、自動車の購入後の機能アップデートを容易にし、継続利用を促す。「あくまで技術提案だが、2022年ごろの自動車での利用を想定している」(説明員)という。

 一例として、以下のようなデモを会場そばの展示場で披露した。「制御」や「HMI(Human Machine Interface)」など、機能の種類ごとに大まかに分類した「ドメイン」を設け、各ドメインを「マルチプロトコルゲートウエイ(セントラルゲートウエイ)」につないだネットワークを構築。

デンソーが開発中の車両情報基盤を使ったデモの構成。各ドメインをEthernetのリング型ネットワークで接続。「コネクテッドゲートウエイ」をアプリのダウンロード・実行を担う。デモでは、接続するカメラの個数に応じて、新たなアプリを追加・実行できる様子を披露した。アプリに応じて、メーンディスプレーの映像が切り替わる。
[画像のクリックで拡大表示]
デモの様子。ドメインコントローラー
デモの様子。ドメインコントローラー
[画像のクリックで拡大表示]
「セントラルゲートウエイ」
「セントラルゲートウエイ」
[画像のクリックで拡大表示]
デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ