• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > “改造細菌”で人工光合成、酢酸を高効率に生産

日経エレクトロニクス 2017年10月号

Hot News

“改造細菌”で人工光合成、酢酸を高効率に生産

C-C結合のある有機材料で植物超えに道

  • 野澤 哲生
  • 2017/09/19 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経エレクトロニクス、2017年10月号、pp.20-21(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

円内は、バクテリアがCdS(黄色の粒子)を細胞表面に付着させている様子である(図:Kelsey K. Sakimoto)
[画像のクリックで拡大表示]

 米University of California, Berkeley校(UC Berkeley)の研究者であるKelsey K. Sakimoto氏などが、食品を基に酢酸(CH3COOH)を出すバクテリアに光合成の機能を付加することで、光と水(H2O)と二酸化炭素(CO2)から高効率に酢酸を合成することに成功したと発表した。バクテリアの種類などを選べば、油、食品、医薬品、化学薬品などの光からの合成が実現する可能性があるという。

“餌”でバクテリアを改造

 今回の技術はまず、嫌気性の酢酸産生菌「Moorella thermoacetica」に必須アミノ酸のシステインと無機のカドミウム(Cd)を“餌”として与えることから始まる。すると、バクテリアはシステイン中の硫黄(S)とCdから光半導体の一種である硫化カドミウム(CdS)のナノ粒子を生成し、服のように身にまとう。

硫化カドミウム(CdS)=光半導体材料の1つ。街灯の照度センサー、ディスプレー用量子ドットや医療用発光材料として使われている。CdS自体の毒性は低いとされる。

 このバクテリアに光、H2OとCO2を供給すると、バクテリアは酢酸を“生産”する。標準太陽光(AM1.5G)に対する量子効率は、2.0~2.5%。植物の光合成は多くが同0.2~1.6%であるため、植物を大きく超える効率を実現できたとする。

デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ