• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > ソニーが“脱”プロジェクター製品、Androidとタッチ入力で家庭の中心へ

日経エレクトロニクス 2017年6月号

Hot News

ソニーが“脱”プロジェクター製品、Androidとタッチ入力で家庭の中心へ

音声認識機能も搭載、「Xperia Touch」を2017年6月発売

  • 根津 禎
  • 2017/05/19 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経エレクトロニクス、2017年6月号、pp.12-13(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

Xperia Touchのホームシアターとしての利用例
[画像のクリックで拡大表示]

 従来のプロジェクターとは一線を画す新製品をソニーが繰り出す。ソニーモバイルコミュニケーションズが2017 年6 月に発売する「Xperia Touch」である。外形寸法が約143mm×134mm×69mm、質量が約932gと持ち運べる。短焦点で、壁や床、机上などの平面に約23~80型の映像を投影できる。明るさは100lmと、家庭用の据置型の1/10以下だが、薄暗い部屋では映像を確認できる。

 最大の特徴は、投影した映像に触って操作できること注1)。最大10点のマルチタッチに対応しており、複数人での同時操作が可能だ。Android OSを搭載しており、同OS向けアプリケーションソフトウエアを「Google Play」からダウンロードしてプレーできる。机上をいわば「巨大なタブレット端末」にできる(図1)。

注1) タッチ入力機能は、投写面に接するように本体を設置し、23型の映像を投影したときのみ有効になる。
図1 投射した映像にタッチして操作
ソニーモバイルコミュニケーションズは、壁や床、机などに映像を投影し、その映像に触わって操作する機能を備えたプロジェクター「Xperia Touch」を開発した。2017年6月に発売する。Android OSを搭載しており、同OS向けアプリをプレーできる。音声認識機能も備える。スマートフォンや「PS4」といった外部機器と接続し、外部機器の映像を表示できる。加えて、Xperia Touch向けの専用アプリも開発。例えば、投射面をピアノやドラムに見立てる楽器アプリがある。Xperia Touch向けに、新しいシンプルなUIも開発した。
[画像のクリックで拡大表示]

 Xperia Touch専用アプリも開発。例えば、投射面をピアノやドラムに見立てるアプリがある。今後は、専用アプリを拡充していく。

デジタル別冊『AI進化論。』プレゼント
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン

深層学習(ディープラーニング)の登場で勢いを増した人工知能(AI)の今後の進化の道筋を、日経エレクトロニクスに掲載した2大特集で展望します。Web版ならではのロングインタビュー2本も掲載!詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ