• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > Intelが「5nmは見えた」、ムーアの法則堅持に自信

日経エレクトロニクス 2017年5月号

Hot News

Intelが「5nmは見えた」、ムーアの法則堅持に自信

「製造技術で最先端」もアピール

  • 今井 拓司
  • 2017/04/19 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経エレクトロニクス、2017年5月号、pp.22-23(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

Gordon Moore氏は「チップ上のトランジスタとレジスタの数は24カ月ごとに倍増する」と主張してきた。
[画像のクリックで拡大表示]

 「ムーアの法則は健在であり、我々の製造技術は他社より3年先を行く」(米Intel社Executive Vice President, Manufacturing, Operations and SalesのStacy J. Smith氏)。

 Intel社は、報道関係者を集めて自社の半導体製造技術の最新状況を説明するイベント「Technology and Manufacturing Day」を2017年3月末に開いた。目的は、近い将来にムーアの法則が成立しなくなるとの不安の払拭と、自社技術の優位性のアピールだ。半日にわたる解説を通じて、半導体産業をけん引する原動力に陰りは見えないと訴え、ファウンドリー事業での自社の強みを主張した。

 Intel社が、製造技術に関してこうしたイベントを開くのは極めて異例である。そのこと自体がムーアの法則の継続に対する業界内の疑念の大きさと、ファウンドリー事業での同社の劣勢を物語る。同社の言葉が真実であることは、今後の実績で示していくしかないだろう。

デジタル別冊『AI進化論。』プレゼント
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン

深層学習(ディープラーニング)の登場で勢いを増した人工知能(AI)の今後の進化の道筋を、日経エレクトロニクスに掲載した2大特集で展望します。Web版ならではのロングインタビュー2本も掲載!詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ