• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 大面積エレクトロニクスは宝の山、ナノインプリントで攻める凸版

日経エレクトロニクス 2017年3月号

Hot News

大面積エレクトロニクスは宝の山、ナノインプリントで攻める凸版

200億円の新規事業を2020年度までに開拓

  • 田中 直樹
  • 2017/02/17 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経エレクトロニクス、2017年3月号、p.21(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

ナノインプリントで微細加工された1100mm×1300mmのガラス板(右)、凸版印刷 取締役の植木哲朗氏(中央)、SCIVAX代表取締役社長の田中覚氏(左)
[画像のクリックで拡大表示]

 車載機器や電子機器の進化を促す高機能部品を、大面積基板を使って低コストで製造する。これにより、革新的な製品を次々に生み出し、エレクトロニクス分野の新規事業を開拓する。こうした取り組みを凸版印刷が加速させている。「2020年度に約200億円の売り上げを目指す」(同社)。

 大面積基板を生かした新規事業開拓に当たって、凸版印刷が着目したのがナノインプリント技術だ。微細パターンを彫り込んだ判型を基板にスタンプのように押すことで、そのパターンを転写する技術である。2014年ごろに、大面積の判型を低コストで作製する技術の開発が進み、実用化の道筋が見えた1)

 凸版印刷は、ナノインプリント技術の大面積用途の開拓を、一気に加速させる考えだ。同社は、ナノインプリント技術の開発で成果を上げ、受託加工サービスを展開するベンチャー企業のSCIVAXに出資。2016年11月に同社の株式の約25%を取得し、ナノインプリント事業に本格参入した。

デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ