• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > もはやカーエレの祭典か、CESの目玉は「人工知能車」

日経エレクトロニクス 2016年2月号

Hot News

もはやカーエレの祭典か、CESの目玉は「人工知能車」

トヨタはAI研究に本腰、米社はサービスに触手

  • CES取材班
  • 2016/01/12 14:00
  • 1/3ページ

出典:日経エレクトロニクス、2016年2月号、pp.14-15(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

電気自動車(EV)ベンチャーFaraday Future(FF)社は、初めてのコンセプト車「FFZERO1」をCESに合わせて披露した。
[画像のクリックで拡大表示]

 「電子情報通信というけど、やっぱりクルマだよね」。年頭に開かれた電子情報技術産業協会(JEITA)の賀詞交換会で、ある電子部品メーカーの経営トップが思わず本音を漏らした。エレクトロニクス技術の応用先として、自動車の存在感が急拡大している表れだ。賀詞交換会を辞去したトップらが次に向かった先、米国ラスベガスで開催された「2016 International CES」もクルマの話題で持ちきりだった。Consumer Electronics ShowではなくCar Electronics Showかと見紛うばかりの発表が相次いだ。

知能化するクルマ

 各社の発表内容からは、電子技術によって自動車自体や事業モデルを大きく作りかえようとする意図が見え隠れする。いずれも大きな狙いはクルマの「知能化」にある。人工知能(AI)の技術を組み込むことによって自動運転はもちろん、新たな使い勝手や事業形態の実現を目指す。

デジタル別冊『AI進化論。』プレゼント
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン

深層学習(ディープラーニング)の登場で勢いを増した人工知能(AI)の今後の進化の道筋を、日経エレクトロニクスに掲載した2大特集で展望します。Web版ならではのロングインタビュー2本も掲載!詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ