• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > ホンダ、小型スクーター用の頭部保護エアバッグ公開 ほか

日経ものづくり 2017年7月号

PICK UP

ホンダ、小型スクーター用の頭部保護エアバッグ公開 ほか

  • 2017/06/30 00:00
  • 1/7ページ

出典:日経ものづくり、2017年7月号、p.94-101(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

【技術】ホンダ、小型スクーター用の頭部保護エアバッグ公開

 ホンダは、小型スクーターに搭載できるエアバッグを2017年6月5〜7日に開催した技術試乗会「Honda Meeting 2017」で公開した。安全システムサプライヤーのスウェーデンAutoliv社と共同開発しているものである。クルマの側面などに衝突したときに、スクーターの運転者の頭部を守る。早期の実用化を目指す。

 エアバッグの展開の仕組みは、クルマの場合と同じである。スクーターの前部に組み込んだ加速度センサーが衝突の衝撃を検知すると、衝突相手のクルマと運転者の間でエアバッグを展開し、頭部への衝撃を和らげる。展開時間は0.04〜0.05秒である。クルマのエアバッグの場合、衝突時にステアリングやインストルメントパネル、ドアなどがエアバッグを支え、これによってエアバッグが運転者を受け止める。スクーターの場合は、衝突相手のクルマ自体がエアバッグを支える部材の役割を果たす。

 交通事故総合分析センター(ITARDA)によると、2015年の二輪車運転中の死亡事故で最も多かったのが「出会い頭」によるもの。また2014年の調査で最も多かった死亡者の損傷部位が「頭部」だった。

[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ