• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOME有料会員向けトップ > Apple社の事例で学ぶ、意外と知らない知財制度の仕組みと役割

日経ものづくり 2017年10月号

特集2

Apple社の事例で学ぶ、意外と知らない知財制度の仕組みと役割

  • 富沢 正=弁理士、コスモス特許事務所パートナー
  • 2017/10/02 00:00
  • 1/10ページ

出典:日経ものづくり、2017年10月号、pp.61-69(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

製造業で働く技術者なら知的財産戦略の重要性はよくご存じでしょう。そこで今回は知財制度を構成する特許権や商標権、意匠権といった制度の具体的な仕組みやそれぞれの権利のカバー範囲の違いについて基本的なところをまとめてみました。米Apple社に関連した事例を使って、分かりやすく解説します。

iDymax/ゲッティ イメージズ

おすすめ

あなたにおすすめ