• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 過給は可変か電動か

日経Automotive 2017年9月号

Features

過給は可変か電動か

低燃費エンジンの救世主

  • 浜田基彦=契約記者
  • 2017/08/10 00:00
  • 1/8ページ

出典:日経Automotive、2017年9月号、pp.68-74(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

“超”低燃費エンジンの開発が進んでいる。超希薄燃焼(スーパーリーンバーン)や大量EGR(排ガス再循環)、HCCI(予混合圧縮着火)、吸気量を大きく減らしたミラーサイクル―。これらを実用化するには条件がある。激しくなると予想されるターボラグを克服することだ。ドイツ大手自動車メーカーが実用化し始めた、ターボラグを解消する最新の過給技術を解説する。

写真提供:(上)BorgWarner社、(下)Audi社

おすすめ