• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > ホンダの「ステップワゴン」ようやくHEVを追加

日経Automotive 2017年12月号

New Car Report

ホンダの「ステップワゴン」ようやくHEVを追加

  • 高田 隆
  • 2017/11/10 00:00
  • 1/4ページ

出典:日経Automotive、2017年12月号、pp.46-47(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 ホンダは2017年9月、中型ミニバン「ステップワゴン」を部分改良して発売した(図1)。上級モデルの「同スパーダ」にハイブリッド車(HEV)を追加して、販売台数の増加を目指す。同社の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準搭載することで、予防安全性能を高めた。

 2015年4月に全面改良して発売した5代目の現行車は、排気量1.5Lの直噴ターボガソリンエンジン「VTEC TURBO」を搭載し、HEVの設定はなかった。直噴ターボエンジン車だけで、月間5000台の販売を目指した。HEVを設定しなかった理由についてホンダは当時、以下のように説明していた。

図1 ステップワゴンの部分改良車
2017年9月に発売。上級モデルの「スパーダ」にHEVを追加した。
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ