• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > BMW社の「MINIクロスオーバー」 PHEV導入、EV走行は約40km

日経Automotive 2017年5月号

New Car Report

BMW社の「MINIクロスオーバー」 PHEV導入、EV走行は約40km

  • 高田 隆
  • 2017/04/10 00:00
  • 1/4ページ

出典:日経Automotive、2017年5月号、pp.24,26(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 ドイツBMW社は、小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「MINIクロスオーバー」を6年振りに全面改良し、2017年2月に日本で発売した(図1)。MINIブランドで初めてプラグインハイブリッド車(PHEV)を導入した他、ディーゼルエンジン車の燃費を先代車より約37%改善した。車両は同ブランドで最大になった。

図1 新型「MINIクロスオーバー」
ガソリン車の投入を見送り、ディーゼル車の燃費を約37%改善した。環境対応をにらんでPHEVも投入する。
[画像のクリックで拡大表示]

 新型MINIクロスオーバーは、ディーゼルエンジン車を3車種、PHEVを1車種用意した。2011年に発売した先代車のプラットフォームは同ブランドの専用設計だったが、2代目となる新型車は「MINIクラブマン」やBMW社の小型SUV「X1」、スポーツセダン「2シリーズアクティブツアラー」などと同じFF(前部エンジン・前輪駆動)車用のプラットフォームをベースに、新型車向けに設計した。

おすすめ