• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 独自技術を武器に一点突破、クラスター化で一貫生産を実現

日経ものづくり 2015年12月号

羽ばたけ 日本の航空機産業Part4 中小部品メーカー編

独自技術を武器に一点突破、クラスター化で一貫生産を実現

  • 山崎良兵、中山 力、野々村 洸、佐藤浩実=日経ビジネス
  • 2015/11/30 00:00
  • 1/5ページ

出典:日経ものづくり、2015年12月号、pp.64-67(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 裾野が広く、今後の市場拡大が見込まれる航空機産業への参入をもくろむ中小企業は多い。「技術力が高い日本メーカーには大きな期待を寄せている」(欧州Airbus社)というように、完成機メーカーなども優秀なサプライヤーを常に求めている。

 しかし、品質管理の考え方や認証取得といった既存産業との仕事の進め方の違い、10年以上ともいわれる投資から収益を得るまでの期間の長さなどが参入障壁として立ちはだかる(「Part5 数字で見る現場」参照)。そんな中、オンリーワンの光る技術を売りにしたり、複数の企業間の連携によって発注元の要求に応えたりと、日本国内にも航空機産業への参入に成功している中小部品メーカーがある。

おすすめ