• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 「出る杭」が拓く 顧客視点のものづくり

日経ものづくり

「出る杭」が拓く 顧客視点のものづくり

  • 2016/02/01 00:00

出典:日経ものづくり(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

「『出る杭』が拓く顧客視点のものづくり」では、「ソニーをダメにした『普通』という病」の著者、横田宏信氏が、古巣ソニーの中期経営方針を題材に、顧客重視のものづくりとは何か、どういうスタンスでものづくりに取り組むべきかを説きます。
横田宏信(よこた・ひろのぶ)
経営コンサルタント/O2(オーツー) 戦略ディビジョン プリンシパル
慶應義塾大学経済学部卒業後、ソニーに入社。英国ソニー赴任中に、多国籍有志連合を結成して独自の企画を推進し、世界に先駆けてSCM革新を成功させた。ソニー退職後は外資系大手IT会社やコンサルティング会社に勤務。現在は、企業やコンサルティング会社、学術機関でのコンサルティング活動で活躍。2014年からは、製造業向けコンサルティング会社O2のプリンシパルも務める。

記事一覧

おすすめ