メカレスで50ドルを目指す、 クルマから家電・ARへ

LiDARの方式別の価格推移の見通し。現行のLiDARはその構造にモーターなどの機械的機構が必要となり、1万円前後を下回る低価格化は困難である。一方、モーターなどを使わないメカレス方式のLiDARは低価格化を進めやすい。住宅や家電、パーソナルロボット、パーソナルモビリティーといった民生機器の分野での利用が活発になりそうだ。

図1 メカレス化が低価格化の壁を打破

LiDARの方式別の価格推移の見通し。現行のLiDARはその構造にモーターなどの機械的機構が必要となり、1万円前後を下回る低価格化は困難である。一方、モーターなどを使わないメカレス方式のLiDARは低価格化を進めやすい。住宅や家電、パーソナルロボット、パーソナルモビリティーといった民生機器の分野での利用が活発になりそうだ。

記事に戻る

閉じる