• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > タイミングチェーンカバーを樹脂化、180℃に耐えて3割超の質量減狙う

日経ものづくり 2017年9月号

今こそ本気でマルチマテリアルPart2 事例〈耐熱性×軽量化〉

タイミングチェーンカバーを樹脂化、180℃に耐えて3割超の質量減狙う

ダイキョーニシカワ

  • 近岡 裕、野々村 洸、中山 力
  • 2017/08/31 00:01
  • 1/3ページ

出典:日経ものづくり、2017年9月号、pp.48-49(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 図1は、ダイキョーニシカワが開発中の樹脂製タイミングチェーンカバーだ。その名の通り、自動車のエンジンのカムシャフトを駆動するタイミングチェーンを覆うカバーである。現行はアルミダイカストで出来ている。これを樹脂に置き換えることで、30%以上の軽量化の実現を狙う。

図1 樹脂製タイミングチェーンカバー
アルミダイカスト製の現行品を樹脂に置き換えることで3割以上の軽量化を目指す。ガラス繊維を50質量%含有したPA6Tで試作した。本体の上部に、スタッドボルトを介してエンジンをボディーに締結するためのエンジンマウント部がある。下部には、クランクシャフトを通す穴が開いている。
[画像のクリックで拡大表示]

 エンジン分野では今、「樹脂エンジン」という言葉が生まれるほど、かつてない樹脂化への期待が高まっている。タイミングチェーンカバーは、エンジン周辺部品の中で比較的大きな部品の1つ。そのため、得られる軽量化効果が大きく、樹脂化に挑む価値が高いと同社はみている。

 だが、タイミングチェーンカバーに求められる条件は厳しい。1つは耐熱性だ。120℃の高温に耐える必要がある。もう1つは強度だ。例えば、排気量が2.0L以上で質量が200kgのエンジンを想定すると、エンジンをボディーへスタッドボルトで締結するエンジンマウント部に、10kN(1tf)オーダーの荷重が繰り返しかかる。

おすすめ