• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 《日経Robo》RoboCupとベンチャー育成の仕掛け

日経Robotics 2017年9月号

RoboTechのすすめ

《日経Robo》RoboCupとベンチャー育成の仕掛け

第24回

  • 中川 友紀子=アールティ 代表取締役
  • 2017/08/10 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経Robotics、2017年9月号、p.38(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 国際ロボット競技会「RoboCup 2017」(以下、世界大会)が2017年7月末に名古屋で開催された。学生などが参加する実機リーグおよびシミュレーションリーグ、子供向けのジュニアリーグを合わせて、約40カ国から約3000人が参加した。世界大会が日本で開催されるのは実に12年ぶりである。今回はRoboCupの20年にわたる歩みの中でも、ロボット関連ベンチャーのインキュベーション的な側面について紹介しよう。

おすすめ

あなたにおすすめ