• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 《日経Robo》カメラによるSfM、Visual SLAM、Visual Odometry Feature-Based methodとDirect methodに大別

日経Robotics 2017年10月号

SLAMとは何か

《日経Robo》カメラによるSfM、Visual SLAM、Visual Odometry Feature-Based methodとDirect methodに大別

第17回

  • 原 祥尭=千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター(fuRo)
  • 2017/09/10 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経Robotics、2017年10月号、pp.36-38(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 第7回から前回まで、スキャンマッチング系、Bayes Filter系、Graph-Based SLAM系の整理に基づき、各手法を説明してきた。使用するセンサは、LIDARに代表される2次元/3次元形状を取得する測域センサが主体であった。今回は、画像を取得するカメラを用いた自己位置推定とSLAMの手法について述べる。

 また第4回では、カメラを用いた形状計測についても、センサ側の視点で簡単に説明した。今回は、自己位置推定とSLAMの上位側の視点で整理する。

おすすめ

あなたにおすすめ