• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOME有料会員向けトップ > 《日経Robo》米ロボットスタートアップ成功例のAnki社、アニメ制作経験者雇いキャラ作り徹底

日経Robotics 2017年11月

Global Watch

《日経Robo》米ロボットスタートアップ成功例のAnki社、アニメ制作経験者雇いキャラ作り徹底

  • 瀧口 範子=フリーランス・ジャーナリスト
  • 2017/10/10 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経Robotics、2017年11月、pp.26-27(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 米Carnegie Mellon Universityのロボット研究所の博士課程に在籍する学生3人が創設した米Anki(アンキ)社は、ロボット起業の大きな成功例として知られている。

 新製品の「Cozmo(コズモ)」を発売した同社の開発のアプローチを、共同創業者のHanns Tappeiner氏に聞いた(図1)

―日本でも発売された小型ロボットのCozmoを開発した背景を教えて欲しい。

おすすめ

あなたにおすすめ