• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 《日経Robo》深層学習でAIを進化させた場合の「学習済みモデル」は保護できるのか

日経Robotics 2017年7月号

Robotics法律相談室

《日経Robo》深層学習でAIを進化させた場合の「学習済みモデル」は保護できるのか

第24回

  • 回答者:岡田 淳=森・濱田松本法律事務所 ロボットと法研究会 弁護士
  • 2017/06/10 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経Robotics、2017年7月号、p.32(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 あらゆる産業分野で、人工知能(AI)の活用が広がりつつある。その背景には機械学習の分野における研究の進展、特に深層学習(ディープラーニング)が果たしている役割が大きい。そして、精度の高い成果を生み出す実用的なAIを開発するためには、以下のような処理が必要になる。

(1)学習対象として大量の「学習用データ」を収集し、AIのプログラムに学習させる。

(2)これにより、「学習済みモデル」(AIのプログラムとパラメータの組み合せ)を生成する。

(3)この学習済みモデルに所定の入力を行うことで、学習の成果を基礎とした“AI生成物”を得る。

おすすめ

あなたにおすすめ