• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 《日経Robo》キヤノンと独TUMが取り組んだディープラーニング技術とは

日経Robotics 2017年7月号

Sexy Technology

《日経Robo》キヤノンと独TUMが取り組んだディープラーニング技術とは

  • 進藤 智則
  • 2017/06/10 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経Robotics、2017年7月号、pp.5-11(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 画像認識1)や音声認識2)、自動翻訳、さらには画像や音声といった情報の生成3-4)にまで広がり始めているディープラーニング(深層学習)。そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのディープラーニングが、今度は移動ロボットの中核領域にまで波及し始めた。

 LIDARやカメラなどのセンサ情報を基にロボットの自己位置を推定したり、周囲の環境地図を作成したりする、いわゆる「SLAM(simultaneous localization and mapping)」技術へのディープラーニングの適用である。

おすすめ