• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラー再エネ蓄電池プロジェクト最前線 > 石巻市最大の集団移転地区に再エネと蓄電池を導入

再エネ蓄電池プロジェクト最前線

石巻市最大の集団移転地区に再エネと蓄電池を導入

太陽光の大量導入による電圧の短周期変動を緩和

  • 金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
  • 2016/06/16 00:00
  • 1/6ページ

 宮城県石巻市茜平にあるショッピングセンター(SC)「イオンモール石巻」は、東日本大震災の直後、一時的に約2000人が避難し、イオン石巻店の社員らが献身的に対応したことで知られる。被災から5年が経ち、同SCの北西に隣接した「新蛇田(へびた)地区」では、トラックや重機など、復興の槌音が鳴り響く。

災害時でも灯りの消えない街

 かつて、一面に広がっていた田んぼが、被災地の集団移転団地となり、新市街地に変貌しつつある。46.5haの敷地に、復興公営住宅と戸建て用の分譲地を整備し、計画戸数1460戸、計画人口3700人となる被災地で最大規模の移転地になる。

図1●東北電力の「石巻蛇田太陽光発電所」(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
図2●「石巻スマートコミュニティ推進事業」の記念式典(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 東北電力の「石巻蛇田太陽光発電所」は、イオンモール石巻から徒歩5分ほど、新蛇田地区の外れにある(図1)。1204枚の太陽光パネル(合計出力300kW)が、真新しい舗装道路に面して敷かれて、復興住宅からも一望できる。

 今年3月24日、同発電所の敷地内で、「石巻スマートコミュニティ推進事業」の記念式典が開催された。「石巻市、東北電力、東芝の3者協働により、平素は低炭素なエコタウン、災害時にも灯りが消えない、安心・安全な街づくりが実現した」。式典で出席した石巻市の亀山紘市長は、こうあいさつし、同市復興の重点プロジェクトへの期待感を示した(図2)。

おすすめ