• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

「2018年、AppleやGoogleが“FDAの世界”へ」

フロスト&サリバン、ヘルスケア業界の8大トレンドを予測

2017/12/11 08:30
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 「AppleやGoogle、Samsung、Fitbit、Amazon.comといった大手テクノロジー企業のうちのいずれかが、ウェルネスやフィットネスではなく、FDAの規制対象となるような臨床の領域へ参入する」――。調査/コンサルティング会社の米Frost & Sullivan社(フロスト&サリバン)は2017年12月6日、「2018年ヘルスケア業界の展望」と題する報道機関向け説明会を東京都内で開催し、こんな予測を披露した。一般消費者向けビジネスのビッグプレーヤーが参入することで、医療業界の様相は大きく変わると予想されるという。

登壇したReenita Das氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 説明会にはFrost & Sullivan社 Partner and Senior Vice President, Transformational HealthのReenita Das氏が登壇し、2018年のヘルスケア業界について、同社が予想する8つのトレンドを紹介した。その多くがデジタルヘルスに関わるもので、具体的には次の通り。

 (1)PaaS(Product as a Service)型のビジネスモデルが浸透する、(2)クラウドプラットフォームが各社の中核領域になる、(3)ビッグテックカンパニー(大手テクノロジー企業)が臨床の領域へ本格参入する、(4)アプリや遠隔モニタリングなど、バーチャル/遠隔の手法を使った治験が増える、(5)病院で手術や患者ケアを支援するロボットが普及する、(6)アジア太平洋地域が先行する形で、スマートホスピタル(データ活用型病院)が増える、(7)医療分野でのサイバー攻撃が2倍の水準に増加する、(8)企業や保険者による健康増進プログラムの事例が増える。

 (1)では、製品単体売りのビジネスは価格競争にさらされて伸び悩むと指摘。「ビッグデータやAI(人工知能)を活用し、付加価値あるサービスを提供することが重要になる」(Das氏)。(2)では、クラウドをプラットフォームとして活用し、その上にさまざまなアプリケーションを載せて深いデータ分析を可能とするような事業モデルが主流になるとした。

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング