• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

減塩、靴センサー、睡眠改善… 6つのビジネスプラン

「デジタルヘルスコネクト」の成果発表会が開催

2015/11/25 00:00
小口 正貴=スプール

 11月半ばの日曜日、東京・日本橋において「デジタルヘルスコネクト」の成果発表会が開催された(2015年11月15日)。デジタルヘルスコネクトは、インフォコムが中心となり運営するプロジェクトで、ITを通して医療・ヘルスケア分野の新たなビジネスモデルの創出やイノベーションの誘発を目指している。

 今回の成果発表は2015年6月から進めてきた、ヘルスケアアプリやサービス創出が目的の「アクセラレータープログラム」に基づいたもの(関連記事)。選出された6チームが、この日に向けて具体的なビジネスプランやマネタイズ、実現に向けた課題と解決策などを練り上げ、それぞれ6分間のピッチトークを行なった。

アイデアを披露した6人の登壇者
クリックすると拡大した画像が開きます

 6チームの提案内容は次の通り。

・「減塩コーチングサービス」 エスケア 根本雅祥氏
・「Walk Pattern Monitoring Device」 One Up 小堀理一氏
・「肺高血圧症対象 遠隔診療サポートサービス」 医薬情報ネット 井村佳恵氏
・「睡眠習慣改善『ふわモコ』」 チーム ふわモコ 味香聡氏
・「スマートインソールサービス」 フューブライト・コミュニケーションズ 吉村英樹氏
・「眠れないを改善するために」 チームSleepeer 土井貴仁氏

 これら6チームの提案内容を順に紹介していこう。そして、最優秀賞に選ばれたのは…。

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング