• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

超高齢社会向けサービスのビジコン、スタートアップ6社が競演

「AGING2.0 TOYKO GLOBAL STARTUP SEARCH」

2017/05/08 12:00
小口 正貴=スプール

 “世界に誇れる豊かな長寿国日本”を実現する、スタートアップビジネスコンテスト――。こう銘打つイベントが、2017年4月26日に東京都内で開催された。「AGING2.0 TOYKO GLOBAL STARTUP SEARCH」(主催:デジタルヘルスコネクト/SOMPOホールディングス/SOMPOケア/AGING2.0)である。

イベントの様子
クリックすると拡大した画像が開きます

 超高齢社会に向けたサービスを展開するスタートアップの中から、事前に選考された6社が登壇。それぞれ5分間のピッチを行った。登壇した6社は、Moff、健康寿命デザイン、デジタリーフ、ヘルスグリッド、ヘルスケアマーケット・ジャパン、ユニロボット、である。

 今回のイベントで最優秀賞を獲得した企業は、2017年11月14~15日にかけて米サンフランシスコで開催される「AGING2.0 OPTIMIZE 2017」への出場権を賭け、日本代表チームとして前段階の準決勝に参加する権利を得る。AGING2.0は2012年に米国で始まった、シニア市場に特化したヘルスケアアクセラレータープログラムで、市場の新規開拓やスタートアップ支援を行ってきた。日本ではインフォコムが運営する新規事業創出プログラム「デジタルヘルスコネクト」と提携し、2015年にはビジネスコンテスト「#30in30in30」の日本大会を開催している。

MTヘルスケアデザイン研究所 代表取締役・所長の阿久津靖子氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 AGING2.0は世界の各都市単位で活動しているが、今回新たに東京チャプターが始動。こうした経緯もあり、今回登壇する6社にはグローバル展開も必須事項として求められた。アンバサダーに就任したMTヘルスケアデザイン研究所 代表取締役・所長の阿久津靖子氏は「日本型、アジア型のサービスを作っていく意味でも東京チャプターの存在は大きい。高齢化先進国として日本がトップを取ってビジネスを回し、民間からきちんとビジネスを作っていくのが使命」と話し、本イベントに対する期待を寄せた。

 それでは、6社のピッチの様子と最優秀賞を見ていこう。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング