• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

「8000歩/20分」でTポイント、電子お薬手帳と連携

トーンモバイルがシニア世代向けサービスを強化

2017/11/24 10:00
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 「シニア市場を本気で狙っていく」(トーンモバイル 代表取締役社長 CEOの石田宏樹氏)――。トーンモバイルは2017年11月22日、東京都内で記者発表会を開催し、シニア世代向けサービスの強化を発表した。“中之条研究”のメソッドを生かしたライフログ機能を強化するほか、電子お薬手帳との連携機能も新たに提供する。

記者発表会に登壇した、トーンモバイル 代表取締役社長 CEOの石田宏樹氏(左)と東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム 副部長の青栁幸利氏氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 トーンモバイルはかねて、子どもとシニア世代、つまりスマートフォンの中心世代以外に向けたサービスに力を入れてきた。親世代を意識し、子どものスマートフォン利用を制限するサービスを提供したり、特殊詐欺を防止するシニア世代向けサービスなどを提供している。実際、同社のサービスユーザーの68%が10代(34%)と50代以上(34%)という。

 冒頭の石田氏の決意表明が示すように、今後はシニア世代向けサービスをさらに強化する。特に、シニア世代にとって強い関心事である健康に着目したサービスを拡充していく。

 トーンモバイルは健康支援の一環として、同社のスマートフォンサービスの「ライフログ」機能に中之条研究のメソッドを取り入れてきた(関連記事)。中之条研究とは、東京都健康長寿医療センター研究所の青栁幸利氏らによるもの。「健康維持や病気予防に効果的な数値が1日平均8000歩、中強度の活動時間が20分」という知見を見いだしたことで知られる。トーンモバイルでは、この「1日に8000歩/20分」という指標を達成した時に、Tポイントが1ポイント貯まるような仕掛けを提供してきた。このサービスを2017年12月以降、2つの点から強化する。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング