• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

これが「ソニーの介護」第2幕

“ソニーらしさ”や“浦和を選んだワケ”に迫る

2017/04/26 05:00
小口 正貴=スプール

 2017年5月1日、新たな“ソニーの介護”がさいたま市浦和区にオープンする。「ソナーレ浦和」だ。ソニー・ライフケアの100%子会社であるライフケアデザインが運営する介護付き有料老人ホームである。2016年4月に開所した「ソナーレ祖師ヶ谷大蔵」(東京都世田谷区)に続くソナーレシリーズの2棟目となる(関連記事:これが「ソニーの介護」、いよいよ初の有料老人ホーム)。

ソナーレ浦和の外観
クリックすると拡大した画像が開きます

関係者を交えてテープカットが行われた。左から2人目が土地を提供した吉野医院 院長の吉野雅武氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 オープンに先立つ2017年4月11日、プレス内覧を兼ねた開所式が盛大に行われた。今回の土地を提供したのは、創業100年来となる地元の開業医「吉野医院」。ソナーレ浦和は敷地内に新装された吉野医院を併設し、介護とともに医療体制の充実を図っている。

 ライフケアデザイン代表取締役社長の出井学氏は、「『吉野先生が協力するならば、ぜひうちも協力したい』という声をもらい、開業前から9つの医療機関と提携できることになった」と語る。こうして足元を固めた上で、QOL(生活の質)を追求する事業コンセプト「Life Focus」をホーム運営の柱に据えた。

 Life Focusはソナーレシリーズの中核コンセプトで、高品質な身体的ケアと精神的ケアを両立させ、“終の棲家”として入居者に満足の行く余生を送ってもらうための考え方だ。出井氏は「手厚い人員配置や看護職の24時間常駐、栄養士による食事管理、看取りケアは当たり前のこと。そこに我々はiPadを駆使して介護の品質を見える化し、全員がヒストリカルに介護記録を共有することで品質を担保している」と話す。その結果は、1年前に開所したソナーレ祖師ヶ谷大蔵の1.05%という非常に低い入院率となって現れた。

事業説明を行ったライフケアデザイン代表取締役社長の出井学氏
クリックすると拡大した画像が開きます
3階と4階に設けられた小型のラウンジ。リラックスしたくつろぎの空間で、インテリアに溶け込むソニー製のグラススピーカーを設置する予定もある
クリックすると拡大した画像が開きます

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング