• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラービジネス > 「防草シートは、施工前と後が重要」。緑地雑草科学研究所に聞く(第6回・後半)

メガソーラービジネス

「防草シートは、施工前と後が重要」。緑地雑草科学研究所に聞く(第6回・後半)

メガソーラービジネス・インタビュー

  • 2017/09/07 05:00
  • 1/7ページ
佐治健介氏、伊藤操子氏、伊藤幹二氏
[画像のクリックで拡大表示]

緑地雑草科学研究所(福井県鯖江市)で理事を務める伊藤幹二氏(マイクロフォレスト リサーチ代表)と伊藤操子氏(京都大学名誉教授)に、メガソーラー(大規模太陽光発電所)における雑草対策について聞く連載コラムの第6回。これまでに各論として、除草剤と被覆植物を取り上げた。今回は、佐治健介氏(緑地雑草科学研究所・事務局長、白崎コーポレーション)を加え、2回に分けて防草シートを含めた「マルチ(土壌被覆資材)」を取り上げる。前半は、主にマルチ技術の全体像について解説した(関連記事)。後半では、マルチの1つである「防草シート」を中心に、その種類や機能などを解説してもらった。

おすすめ

あなたにおすすめ