• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラー探訪 > 湧水町に稼働した「水」を守るメガソーラー

メガソーラー探訪

湧水町に稼働した「水」を守るメガソーラー

大規模な3つの調整池で下流域の水害を防ぐ

  • 金子憲治=日経BPクリーンテック研究所
  • 2017/07/04 05:00
  • 1/8ページ

 鹿児島県の北端に位置する湧水(ゆうすい)町は、霧島連峰と九州山地に囲まれた盆地で、川内川の流域には水田が、山の斜面には茶畑が広がる。冷水の湧き出る複数の池があり、町名の由来となった。水道の水源や、水田の灌漑用水として利用されている(図1)。

図1●鹿児島県湧水町は名水で知られる
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ