• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーパワーエレクトロニクスメガソーラー探訪 > 「1ホールで1MW」の常識を超えた、三重最大の「18ホール・51MW」メガソーラー

メガソーラー探訪

「1ホールで1MW」の常識を超えた、三重最大の「18ホール・51MW」メガソーラー

買収案件に見る、オリックスの開発・運用方針

  • 加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
  • 2017/03/21 05:30
  • 1/6ページ

 三重県津市の山あいに、出力約51MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「オリックス51M津メガソーラー発電所」がある(図1)。稼働済みのメガソーラーとしては、三重県で最大規模となる。

[画像のクリックで拡大表示]
図1●ゴルフ場跡を活用したメガソーラー、三重県で最大規模
「オリックス51M津メガソーラー発電所」(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 津市白山町にある旧ゴルフ場「トーシンレイクウッドゴルフクラブ」の跡地を活用した。同ゴルフ場は、2014年1月に営業を終え、閉鎖した。

 閉鎖時には、メガソーラーの開発が決まっており、開発を手掛けていた企業に土地や関連施設が売却された。オリックスが、この開発企業からプロジェクトを引き継いで事業化した。発電事業者は、特定目的会社(SPC)の「ORソーラー・エイト合同会社」となる。

 国内のメガソーラーでは、EPC(設計・調達・施工)サービスや発電システムなどを手掛ける企業が、開発を手掛けることも多い。そのまま自社で運営する場合のほか、資金面などの理由で、プロジェクトの売却を想定しながら開発する場合もある。投資負担を減らすため、他社との合弁で事業化することもある。

 当初、開発を手掛けたEPCサービス企業や発電システムメーカーにとっては、施工の受注や製品の納入などが主目的となる。

 津市のメガソーラーの場合、当初はEPCサービスなどを手掛ける企業がプロジェクトを開発していた。土地の購入、経済産業省による設備認定、電力会社からの連系承諾が揃った後の段階で、オリックスがプロジェクトを購入し、開発を引き継いだ。

 設計・施工、O&M(運用・保守)を、中部電力グループの電力設備工事会社であるトーエネックが担当することも決まっていた。設計も進みつつある段階だった。元々、開発していた企業は、トーエネックの発注により、施工の一部を担った。

おすすめ