• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEクルマ電動化ニュース・トレンド解説 > トヨタとスズキ、2020年ごろにインドにEVを投入へ

ニュース・トレンド解説

トヨタとスズキ、2020年ごろにインドにEVを投入へ

  • 高田 隆=日経Automotive
  • 2017/11/17 19:55
  • 1/2ページ

 トヨタ自動車とスズキは2017年11月17日、インド向け電気自動車(EV)の投入に関する覚書を締結したと発表した。両社が共同で開発・生産するEVを、2020年ごろにインドで発売することを目指す。

 トヨタとスズキは2017年2月に、業務提携に関する検討を始めると発表した(関連記事:トヨタとスズキの業務提携、フィジビリティースタディへ)。今回の覚書締結は、その一環である(図1)。

図1 トヨタ自動車とスズキの発表資料
[画像のクリックで拡大表示]

 両社の覚書によると、スズキがインド向けに造るEVに対して、トヨタが技術面で支援する。スズキが造った車両は、トヨタにも供給する。さらに、充電ステーションの整備やEVの販売でも連携する。

おすすめ

あなたにおすすめ