飲食店や家庭で在庫管理をIoT化するマット、“京都製”で実現

コピー用紙が載せられているのが「スマートマット」。重さが元の40%を切った段階で、自動的に商品を発注する。マットは1台で1製品に対応するが、ティッシュペーパーや洗剤、シリアルなどの消耗品も一緒にまとめて購入する方法も検討している。

コピー用紙が載せられているのが「スマートマット」。重さが元の40%を切った段階で、自動的に商品を発注する。マットは1台で1製品に対応するが、ティッシュペーパーや洗剤、シリアルなどの消耗品も一緒にまとめて購入する方法も検討している。

記事に戻る

閉じる