• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーパワーエレクトロニクスニュース・トレンド解説 > 48V電源IC、クルマ以外も狙うローム

ニュース・トレンド解説

48V電源IC、クルマ以外も狙うローム

  • 三宅 常之
  • 2017/08/29 05:00
  • 1/9ページ

 自動車の48V化が進んでいる。48V化した車両は、12V出力の電源(電池)に加えて48V出力の電源を搭載する。電源IC市場の需要拡大につながるとみるパワー半導体メーカーが、続々と対応ICを発表している(関連記事1)。ロームは、電源回路の小型化につながる48V対応電源IC(関連記事2)で、車載に加え産業機器の市場も狙う。

既存品を搭載した基板(左)よりも大幅に小型化できる
[画像のクリックで拡大表示]
48V電源を追加した2バッテリーシステム
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ