• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業航空・宇宙ニュース・トレンド解説 > 小惑星探査機はやぶさ2、目的地リュウグウまであと1年

ニュース・トレンド解説

小惑星探査機はやぶさ2、目的地リュウグウまであと1年

JAXAが会見、飛行や新技術テストは順調、探査に向けた準備進む

  • 松浦 晋也=ノンフィクション作家/科学技術ジャーナリスト
  • 2017/07/13 16:45
  • 1/6ページ

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月12日、小惑星リュウグウの土壌サンプルを持ち帰る小惑星探査機「はやぶさ2」の現状を説明する記者会見を開催。プロジェクト・マネージャーの津田雄一・JAXA宇宙科学研究所准教授とミッション・マネージャーの吉川真准教授が現状と今後を説明した。

はやぶさ2の現状を説明する津田 雄一・JAXA宇宙科学研究所准教授(プロジェクト・マネージャー:左)と、吉川 真准教授(ミッション・マネージャー:右)
[画像のクリックで拡大表示]

 2014年12月に打ち上げられた同探査機は2018年8月に目的地の小惑星リュウグウへ到着する予定で順調に飛行中。すでにリュウグウまでの旅程のおよそ半分を消化した。その間に4項目の技術試験も実施。現在は到着後の探査に向けた、探査チームの訓練を実施中である。津田プロジェクト・マネージャーは、「これまでの2年半の順調さは素直に喜んでいる。ただし、それが今後の順調を保証しないのも分かっている。さらに気を引き締めてプロジェクトを進めたい」と抱負を語った。

はやぶさ2の模型
[画像のクリックで拡大表示]

 はやぶさ2は2018年早々からは到着までの最後の山場となる、過去最長のイオンエンジン噴射を実施する予定。2018年5月には光学カメラでリュウグウを捉える距離に達し、6~7月ごろにリュウグウの近傍に到着する予定だ。

L5点を観測し木星・火星などでカメラ調整

 2017年7月10日時点で、はやぶさ2は地球から約1億7650万kmのところを対地球速度毎秒33.4kmの速度で航行している。

7月10日現在のはやぶさ2の位置(緑の点)、赤が目的地であるリュウグウ
青が地球、黄色が太陽となる。小惑星まで約3140万kmの距離にある(出所:JAXAの資料)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ