• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEクルマ自動運転/ADASニュース・トレンド解説 > JAIA試乗会、テスラ「オートパイロット」を記者が試す

ニュース・トレンド解説

JAIA試乗会、テスラ「オートパイロット」を記者が試す

  • 林達彦、窪野薫
  • 2017/02/24 15:15
  • 1/3ページ

 JAIA(日本自動車輸入組合)が2017年2月に実施した輸入車試乗会。ことしは70台を超える車両が勢ぞろいした。日経Automotive編集部は5人が参加し、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)や車線維持機能を中心に、各車をチェックした。今年から異動した元編集長のHと、昨年入社した新人記者のKが試乗して自動運転技術をチェック。試乗の様子をレポートします。

 特に印象的だったのが、米Tesla社の「モデルS」です(図1)。先に試乗したNさんが、「オートパイロット」の機能を説明してくれます。

図1 Tesla社の「モデルS」
[画像のクリックで拡大表示]

N:ウインカーレバーの下にある小さいレバーを2回手前に引くと、オートパイロットが働きますよ。車間の調整はレバーの先端にある丸い部分を回転させます。あと、車速の設定はレバーの上下でできます。最後にもう一つ、オートパイロットが働いている状態でウインカーレバーを操作すると自動で車線変更します。

H:ホー、自動で車線変更ですか。Daimler社の「メルセデス・ベンツEクラス」で体験したけど、やはり違うのかな。これは楽しみだ。

おすすめ

あなたにおすすめ