• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOME新産業AIスピーカーの「正体」 > Alexa Skills とは

AIスピーカーの「正体」

Alexa Skills とは

  • 内山 育海
  • 2017/11/24 17:15
  • 1/1ページ

 米Amazon.com社の音声対話型人工知能(AI)「Alexa(アレクサ)」を用いたサードパーティー製の機能やサービスの総称。スマートフォン(スマホ)におけるアプリケーションに相当する。AIスピーカー「Amazon Echo」などの機器にSkill(スキル)を追加することで、Alexaとの対話を通して多様な機能を提供できる。スキルの数と多様性がEchoの事実上の強みとなっており、発売当初(2015年)の13種類から、2017年2月には合計で1万種類を超えた。

 国内でEchoの発売が発表された2017年11月8日には、100以上のパートナー企業が開発した日本のユーザー向けの265種類のスキルを提供開始した。

 例えば、タクシーの配車が可能な「全国タクシー」(JapanTaxi)、宿泊施設の空室を探せる「JTBホテル検索」(ジェイティービー)、ロボット掃除機「ルンバ」を声で操作できる「iRobot Home」(アイロボットジャパン)など、ハンズフリーで手軽に情報検索や機器操作ができるスキルがある。

 この他に、駅名でAlexaとしりとりができる「駅しりとり powered by 駅すぱあと」(ヴァル研究所)、ゲームのキャラクター「ピカチュウ」と会話できる「ピカチュウトーク」(ポケモン)、楽器のチューニングができる「ギターマガジンチューナー」(リットーミュージック)など様々なスキルが提供されている。

[画像のクリックで拡大表示]

 スキルをより充実させるために、Amazon.com社はスキル開発に利用できるAPI(Application Programming Interface)やツール群から成る「Alexa Skills Kit(ASK)」を無償で公開している。

この用語に関連する記事

おすすめ

あなたにおすすめ