• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEロボット誕生!インフラ×AI 業界地図 > 建設とAIは相思相愛!?今度こそ夢は叶うか

誕生!インフラ×AI 業界地図

建設とAIは相思相愛!?今度こそ夢は叶うか

  • 木村 駿=日経コンストラクション
  • 2017/06/02 05:00
  • 1/5ページ

 社会インフラの建設・管理の領域で、AI(人工知能)が活躍し始めている。社会生活と経済活動を縁の下で支える土木・建築と、クルマの自動運転から医療、囲碁に至るまで何かと話題に事欠かないAI――。はたから見ればミスマッチなカップルのようにも見えるが、その実、両者は相思相愛だ。

 2016年以降、大手ゼネコンやインフラ企業がAIの活用をうたい始めた。東京湾アクアラインや東京スカイツリーといったビッグプロジェクトを手掛けてきた大林組は、17年3月24日に発表した21年度までの中期経営計画で、「AIを駆使した生産性の向上」を建設分野の事業戦略に位置づけた。

 高速道路を管理する阪神高速道路会社は16年4月、グループの将来像を描いた「阪神高速グループビジョン2030」で、AIによる交通制御の高度化を掲げた。道路の維持管理の効率化にも取り組む予定だ。JR東日本も16年11月に作成した「技術革新中長期ビジョン」で、安全確保やメンテナンスにAIを活用する方針を示している。

 技術に対する感度の高い建設会社やインフラ企業は、IT企業とタッグを組んで開発してきたAIを建設現場に導入し始めている。道路や河川堤防、港湾といった様々なインフラを所管する国土交通省は、工事や維持管理の生産性向上にAIが役立つとみて、IT企業などの参入を歓迎する。

図●社会インフラの調査、計画・設計、施工、点検・維持管理など工程別に見た「インフラ×AI」業界地図

  日経テクノロジーオンライン有料会員の方は印刷可能な拡大画像をご覧いただけます

おすすめ

あなたにおすすめ