• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子情報通信学会から > ニコニコ動画コメントの解析と応用

電子情報通信学会から

ニコニコ動画コメントの解析と応用

コンテンツプラットホームにおける機械学習

  • 小田桐優理=ドワンゴ企画開発本部
  • 2017/03/13 05:00
  • 1/6ページ
本記事は、電子情報通信学会発行の機関誌『電子情報通信学会誌』Vol.100 No.1に掲載されたものの抜粋です。全文を閲覧するには電子情報通信学会の会員登録が必要です。会員登録に関して詳しくはこちらから(電子情報通信学会の「入会のページ」へのリンク)。全文を閲覧するにはこちらから(電子情報通信学会のホームページ内、当該記事へのリンク)。『電子情報通信学会誌』の最新号はこちら(最新号目次へのリンク)。電子情報通信学会の検索システムはこちら(「I-Scover」へのリンク)。

はじめに

  Webの世界におけるコンテンツの流通について、以前は制作者個人のサイトや、公式サイトでコンテンツを配信することが多かったが、近年ではyoutubeやniconico、pixivなどのような、コンテンツのプラットホームを通じた流通が主流となっている。コンテンツプラットホームは、ただコンテンツが置かれる場所というだけではサービスとしては不十分である。導線をどうコントロールするか、コンテンツに対する付加価値をどうコントロールするかを設計する必要がある。本稿では、niconicoの事例をベースとして、不自然言語処理の応用事例を紹介する。また、産業界・学術界の相互発展のためのデータセット公開・学習済モデル公開とその流通プラットホーム構築を提言する。

おすすめ