• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業IoT新里祐教のIoT開発キットで遊ぼう! > 環境からコードまでいたれりつくせり、ジェスチャー認識も可能

新里祐教のIoT開発キットで遊ぼう!

環境からコードまでいたれりつくせり、ジェスチャー認識も可能

STMicroelectronics「SensorTile」(第2回)

  • 新里 祐教=GMOインターネット 特命担当技術分析官
  • 2017/09/12 05:00
  • 1/4ページ

 前回に引き続き、伊仏合弁STMicroelectronics社の小型マルチセンサーモジュール「SensorTile」の開発キット「STEVAL-STLKT01V1」を試用していく。このキットの特徴は、前回紹介した小ささだけではない。実際に触った技術者の新里 祐教氏(GMOインターネット 特命担当技術分析官)が「すさまじく盛りだくさん過ぎる」と評するほど、機能が充実したアプリも特徴だ。今回は基本的な使い方を中心に試用していく。

 SensorTileはアプリから使える機能が“盛りだくさん”に用意されている。ハッキリ言って、自分で他の機能を実装する必要があるのかどうか、考えさせられてしまうほど充実している。SensorTileが持つ数多くの機能、アプリを通じて利用できるセンサーデータを見ていこう。

まずは専用アプリから使ってみてびっくり

Androidアプリを利用している様子(動画参照)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ