• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり詳報・ジュネーブモーターショー2017 > “走れる”HEV、日欧メーカーで火花

詳報・ジュネーブモーターショー2017

“走れる”HEV、日欧メーカーで火花

  • 久米 秀尚
  • 2017/03/21 05:00
  • 1/4ページ

燃費だけではつまらない——。エンジンにモーターや電池を組み合わせるハイブリッド車(HEV)。燃費低減やCO2削減に向けた技術だが、欧州の自動車メーカーを中心に付加価値の提供手段としての期待が高まってきた。モーターの使いこなしが、新たな競争軸になりそうだ。

図1 記者発表会に登壇したトヨタ欧州法人TME社President and CEOのJohan Van氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「欧州市場でHEVの販売が急速に伸びている。2016年のHEVの販売台数は、前年に比べて40%も増えた。当社が販売する車両の1/3がHEVになった」。

 トヨタ自動車のHEVが、欧州市場でじわり浸透してきた。同社の欧州法人Toyota Motor Europe(TME)社でPresident and CEO(最高経営責任者)を務めるJohan Van氏は手応えを口にした(図1)。

HEVの訴求点をずらす欧州勢

 2016年、トヨタは欧州市場では92万8000台のクルマを売った。このうち、約30万台がHEVということになる。「オーリス」や「Yaris(日本名:ヴィッツ)」など小型車を中心にHEVを用意し、環境性能をアピールしてきた(図2)。

図2 小型車「オーリス」のHEV
[画像のクリックで拡大表示]

 このように欧州でも市民権を得つつあるHEV。今回のジュネーブモーターショーでは欧州の自動車メーカーも幾つか新型車を発表している。だが、HEVの訴求ポイントはトヨタが推す燃費低減やCO2削減とは違うところにあった。

おすすめ