• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ電動化ジュネーブモーターショー2017 > モーター変更で“走り”に特化、Renault社のEVコンセプト

ジュネーブモーターショー2017

モーター変更で“走り”に特化、Renault社のEVコンセプト

100km/hまで3.2秒で達する「ZOE e-Sport Concept」

  • 久米 秀尚
  • 2017/03/15 17:01
  • 1/2ページ
図1 Renault社のEVコンセプト「ZOE e-Sport Concept」
[画像のクリックで拡大表示]
図2 リアビュー
[画像のクリックで拡大表示]

 フランスRenault社は、電気自動車(EV)のコンセプト「ZOE e-Sport Concept」を「ジュネブモーターショー2017」で発表した(図1、2)。同社の小型EV「ZOE」をベースに、モーターを増やして走行性能を高めた。

 同社でElectric Vehicle ProgramのDirectorを務めるEric Feunteun氏は、「EVは顧客が望むあらゆるニーズに対応できる。今回のコンセプト車では走る楽しさを追求した」と語る。

 同車は、停止状態から100km/hまで3.2秒で達する。ZOEは同13.2秒だった。最高速度は210km/hと、ZOEの135km/hから大幅に高めた。

おすすめ