• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEものづくり生産革新SPS IPC Drives 2017 > モジュールの組み合わせで複雑な搬送システムを構築、B&R社が披露

SPS IPC Drives 2017

モジュールの組み合わせで複雑な搬送システムを構築、B&R社が披露

  • 高野 敦
  • 2017/12/01 16:43
  • 1/2ページ

 オーストリアBernecker + Rainer Industrie-Elektronik(B&R)社は、モジュール型搬送システム「ACOPOStrak」を、産業用コントロールシステムの展示会「SPS IPC Drives 2017」(2017年11月28~30日、ドイツ・ニュルンベルク)で展示した。工程に合わせた柔軟な設計や変更が可能で、経路もワーク1個単位で指定できる。

モジュール型搬送システム「ACOPOStrak」
モジュール型搬送システム「ACOPOStrak」
[画像のクリックで拡大表示]

 ACOPOStrakは、主に搬送路モジュール(直線やさまざまな角度の曲線)と、ワークを搬送するための「shuttle(シャトル)」と呼ぶモジュールから成る。シャトルについても、搬送路の側面に配置するものや、搬送路をまたがるように配置するものなど、複数の形状をそろえた。

おすすめ

あなたにおすすめ