• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスET 2015(Embedded Technology 2015)組込み総合技術展 > IoTハッカソン開催、最優秀賞に輝いたビジネスモデルとは

ET 2015(Embedded Technology 2015)組込み総合技術展

IoTハッカソン開催、最優秀賞に輝いたビジネスモデルとは

  • 今井 拓司
  • 2015/11/20 19:22
  • 1/1ページ
 「ET 2015/IoT Technology 2015」の最終日の11月20日午後、「組込みIoTハッカソン」の発表審査・表彰式が開かれた。11月18日水曜日の午前に公開された課題に対して、50時間強という制限時間の中で、参加10チームがアイデアと開発の腕前を競った。課題は、想定ユーザー像である「ペルソナ」が指定され、その人たちに対して有効なシステムを組み込みIoT技術を活用して開発するというもの。実際に提示されたペルソナは、祖父母、父母、子供二人からなる2世帯の大家族だった。
デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ