• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEエネルギーパワーエレクトロニクスelectronica 2016 > パナソニックの欧州戦略、3つの武器で攻める

electronica 2016

パナソニックの欧州戦略、3つの武器で攻める

「パワエレ」「光学」「センサー」で攻める

  • 2016/11/22 14:49
  • 1/2ページ
福澤氏
福澤氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「electronica 2016」の展示場において、部品メーカーが集う「B6」ホールに大きなブースを構えたパナソニック。同社の欧州戦略や、出展内容などについて、Panasonic Automotive & Industrial Systems Europe社 Vice Presidentの福澤哲也氏が語った。(聞き手=根津 禎)

 欧州のエレクトロニクス市場は、他の地域に比べて早くからインダストリアル(産業)分野に注力してきた。欧州の大手メーカーの場合、ICT分野から産業分野に舵を切り始めたのは2008〜2009年ごろである。

 ICT分野では、さまざまな技術が標準化され、それらをブロックのように組み合わせて利用できる。携帯電話機がいい例だ。あっという間に標準化されて、コモディティー化し、韓国や中国といったアジア企業のメーカーが台頭した。

 一方、産業分野ではICTのように標準化された技術を組み合わせるだけでは勝つことはできない。要求仕様が異なる様々なアプリケーションごとにがあるからだ。その分、きめ細かな対応が求められる。

 産業分野の特徴は、アプリケーションが多岐に渡る上、各アプリケーションにおける市場規模が、ICT分野に比べて1〜2桁小さい。あるアプリケーションのトップメーカーでも、売上高は1000億〜3000億円ほどの場合が多い。だからこそ、各アプリケーション分野を1つ1つ丁寧に攻めて、複数のアプリケーションでの売上を伸ばし、それらを総合して大きな事業にしたいと思う。

パナソニックのブース
パナソニックのブース
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ