次々繰り出す新サービス、医学を基礎とするまちづくり

「MBT」の進捗を奈良県立医大の梅田氏が語る

2016/10/23 09:00
舟橋 亮人=スプール

 奈良県立医科大学 教授の梅田智広氏は、「デジタルヘルスDAYS 2016」(2016年10月19~21日、主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)のカンファレンスに登壇。奈良県立医科大学が中心となって進めている医学を基礎とするまちづくり「MBT(Medicine Based Town)」について、どういったアプローチでこれを実現しようとしているのか、また今までどういった取り組みを行っているのかを紹介した。

講演する梅田氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 奈良県立医科大学は、2021年に現在の場所から1kmほど離れた場所に新キャンパスをオープンする。移転によって空く4ヘクタールの土地に病院に関する施設を作る予定。梅田氏は「そこが我々が目指す一つのゴール。集大成としてセンサーなど研究しているあらゆるものをこの施設に導入しようとしている。さらには大学のみならず、全体的なまちづくりを目指している」と述べた。

奈良県立医科大学が進めるMBT構想。大学に近い今井町では既にビーコンを活用した見守りシステムの実証などが行われている
クリックすると拡大した画像が開きます

 そのために、特に力を入れているのが「ハード、ソフトのみならず運営」(梅田氏)だという。せっかくサービスを作っても自治体にサポートしてくれる人がいなかったり、住民の理解が進まなかったりと結局使われなくなってしまうケースは珍しくない。「作ったものはしっかり出口まで持っていって、地域の人に理解して使ってもらうところまで持っていく」(梅田氏)というわけだ。

 イシュードリブン型のアプローチでまずとにかく、みんなが本当に必要としているものを開発するという考え。そして、実現するには「医科大学のみでできるはずがなく、まさに連携が必要。医学の知識や企業のみなさんの経験を生かし、既存のサービスもしくはこれから作っていくものを組み合わせて問題解決しようと考えている」と強調した。

 まさに、その連携を進めるために奈良県立医科大学を中心として2016年4月に立ち上げられたのが、「MBT(Medicine-Based Town)コンソーシアム」。さまざまな企業・団体・自治体が参加している。分科会を設けることで、「同じ目的を持った企業や大学研究者などがその中で情報を共有し、素早く動けるようにしている」(梅田氏)のも特徴だ。

 梅田氏らが進めるプロジェクトの一つが「健康みはり」というヘルスケアの新しいプラットホーム。「今さらプラットホームと言っても、そうそうたる大手の企業さんがやっている。我々はそういったところと差異化かつ、みんなが見たくなるものをしっかり作ろうということで、気象データを活用することを考えた」(梅田氏)。

 例えば、血圧や心拍の変動が高い人について、全員ではないがその多くが気圧差に反応しているという。しかし、これまで病院に行ってもその場で検査を行うだけで、気象データなどは加味されてこなかった。バイタルデータと気象データを掛け合わせることで、従来できなかったレコメンドを出せるようになる。梅田氏によると「身体組成、身体活性、運動能力、身体寸法などもコラボで研究しており、その成果を実装してトータルの仕組みで完成しようと考えている」という。

アバターの活用も

 既にこのプラットホームは一部の地域で実証実験が行われるなどしており、専用アプリではバイタルデータや気象データに合わせて本人にアラートを出したり、おすすめのレシピを出したりできるようになっている。また「病気を意識して使うというよりも、若い人など日々の気分を重視したユーザー向け」(梅田氏)アプリとして「SOLIFE」も開発。こちらはイラストを多用するなど、よりライトに楽しめるのが特徴だ。

ライトユーザー向けアプリのSOLIFEはキャラクターも登場し、カジュアルなイメージ
クリックすると拡大した画像が開きます

 さらに、健康寿命を延ばす取り組みの一つとして筋肉に着目し、アプリも開発しているという。このアプリのポイントは簡単に測って筋肉の量が出せることと、元々病院に行かないような人が手軽に見られること。また、「このままでは何歳で寝たきりになってしまうというのをちゃんと出す」(梅田氏)など、その人の状態の可視化にこだわって作っている。

 また、可視化という観点ではアバターの活用も進めている。健康診断を受けても、そのデータをきちんと把握している人は少ないはず。アバターで本人の姿を客観的に見ることで、より自分の状態を把握してもらうのが目的だ。データを活用することで、今の状態だけでなく、将来、体のどの部分が太りやすいか、太ったらどんな容姿になるかなどもリアルにわかるようになる。

健康状態の可視化にアバターの活用も進めている
クリックすると拡大した画像が開きます

 アバターは3Dで動かせるので、模範となるデータを読み込んで動かせば、その動作をする自分の姿も見られるようになる。例えば、一流スポーツ選手の動きを真似するとき、自分のアバターが実際にその動きをしている姿を見るのと見ないのでは、習得度が違うはず。同様に効果的なリハビリに活用したり、クラウドを利用して介護の見守りに活用したり、多方面にわたって有効な活用が期待できる。

 このほかにも、梅田氏らは家庭用ロボットへの健康みはりプラットホームの展開や、手指センサーの開発など、ヘルスケアに積極的に取り組んでいる。しかし、いくらいいサービスが生まれても、それにお金を払って使うかはまた別の問題。もっと個々人が普段から健康意識を高める必要がある。また、梅田氏は重症患者の20%のレセプトが70%の医療費を使っている状況を示し、「こういったところをしっかりアプローチして安くできないか」と意見を述べた。そのために「健康」×「お金」というアプリも開発しているという。生活習慣や医療費・健康予防費のレコーディングなどをもとに、この先、医療費がいくらかかるか、目に見える形でシビアに提示することで普段から健康を意識してもらうというわけだ。

 このように、梅田氏らの取り組みは多岐にわたる。MBTコンソーシアムでは現在57社と取り組みを進めており、ほかにも水面下で様々なことが行われているとのこと。最後に「今後も定期的に成果を報告していきたい。また、興味のある方はぜひ連絡をしてほしい」と語り、講演を締めくくった。