2017国際ロボット展

AIで食べ頃見極め、パナソニックがトマト収穫ロボなど披露

無線給電デバイスや3D LiDARも

  • 吉田 勝
  • 2017/12/05 19:30
  • 動画
パナソニックは、トマト収穫装置や非接触給電技術など、開発中のロボットや同関連技術を「2017国際ロボット展」(2017年11月29~12月2日、東京ビッグサイト)で参考出展として披露した。「人に寄り添うロボティクス技術」と題して披露したのは、「トマト収穫ロボット」、車いす型モビリティー「WHILL NEXT」、自律移動ロボット「HOSPI」の3種のロボット、および「非接触給電ユニット」と「3D LiDAR」の2つのロボット関連技術。