CEATEC JAPAN 2017

「日本版GPS」受信機で先陣切るMSJ、精度と価格に自信

  • 内山 育海
  • 2017/10/11 16:18
マゼランシステムズジャパン(MSJ)は、QZSS対応の多周波GNSS受信機ボードを「CEATEC JAPAN 2017」(2017年10月3~6日、幕張メッセ)で出展した。複数の衛星システムの同時利用による高精度測位に加え、準天頂衛星「みちびき」が発信するセンチメーター級測位補強信号(L6信号)の受信が可能で、数cm単位の高精度な測位情報を単独で得られる。L6信号を受信できる受信機は「他社に先駆けて世界で初めて」(同社)という。