• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスCEDEC 2017レポート > MRコントローラーを国内初展示、日本MS

CEDEC 2017レポート

MRコントローラーを国内初展示、日本MS

  • 野々村 洸
  • 2017/09/11 16:25
  • 1/2ページ

 日本マイクロソフト(本社東京)は、開発中のMR(Mixed Reality)コントローラーを国内で初めて披露した。ゲーム開発者向け会議「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2017(CEDEC2017)」(2017年8月30日〜9月1日、パシフィコ横浜)で展示した。価格や発売時期などについては「まだ詳細を説明できない。製品名も分からない」(日本マイクロソフトの説明員)とする。

コントローラーの正面。上部に2つの方向キーがあり、その間にメニューボタンがある。
[画像のクリックで拡大表示]
コントローラーの側面。グリップの人差し指と中指の部分にも各々ボタンがある。
[画像のクリックで拡大表示]
日本マイクロソフトが初展示したMRコントローラー

 今回のMRコントローラーはマーカーが印字されたリング部分を上にし、グリップを握り両手に1つずつ持って使う。ヘッドマウントディスプレー(HMD)を被った利用者がMRコントローラーを操作することで、バーチャル空間内の物を動かしたり、部屋を移動したりできる。上部にスティック式とタッチパッド式の方向キー、メニューボタンがあり、グリップ部分にコントローラー本体を起動するためのウィンドウズボタンがあった。グリップの人差し指と中指の部分にも各々ボタンを置く。

[画像のクリックで拡大表示]
2つのMRコントローラー

おすすめ

あなたにおすすめ