• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

2層検出器搭載のX線CT、フィリップスが日本投入

2016/04/20 08:48
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

 フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、連続X線を分光しスペクトラルデータを取得できる「2層検出器」を搭載したX線CT装置「IQon Spectral CT」を2016年4月、日本で発売した。1度の撮影で画像データとスペクトラルデータを同時に取得できる。これにより、従来の撮影条件に比べて被曝量や検査時間を増やすことなく、スペクトラルデータが得られる。「2016 国際医用画像総合展(ITEM 2016)」に出展した。

IQon Spectral CT
クリックすると拡大した画像が開きます

 スペクトラルデータを得る方法には従来、管球で電圧を切り替え、異なる2種類のエネルギーのX線を照射するDual Energy法があった。この方法では、スペクトラルデータを得ることはできるが、通常の診断に使う120kVpの画像データを同時に得ることができなかった。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング